世界初の自律型ペネトレーションテストツール「TANUKI」の日本独占販売契約を締結

東洋システム開発株式会社は、この度、世界初の自律型AI搭載ペネトレーションテストプラットフォーム「TANUKI」の開発元であるEzoTech Inc.(本社:カナダ、代表取締役社長兼CEO: Xristos Silaidis)と、日本における独占的なリセラー契約を締結しました。(EzoTech

「TANUKI」は、EzoTechがライセンス提供する、アメリカで特許取得済みのペネトレーションテストプラットフォームです。その最大の特徴は、世界で初めての「自律型」ペネトレーションテストツールであること。

「自律型」とは、自分で調査、偵察を実施した上で、攻撃手法やベクトルといった次のステップを自律的に判断し、テストを実施することです。準備、テストの実行、レポート作成までを自動で行うため、テストの一連のプロセスに要する期間は、従来よりも大幅に短縮されます。また、この「自律型」という特徴により、高いスキルは必要なくなります。専門的な知識を持たなくても、ドメイン名やIPアドレスを入力するだけで、ボタン一つでテストを実行することが可能だからです。さらに、テスト内容が、ペネトレーションテスト実行者のスキルや知識に左右されることもありません。一貫した質と基準を保つことが可能になるのです。

現在、TANUKIは世界各国で展開を拡大しています。
こうした中、この度TSKは、EzoTechと、TANUKIの日本における独占的なリセラー契約を締結しました。この契約に基づき、TSKは日本全国のお客様に、TANUKIの確かなセキュリティソリューションを提供してまいります。
なお、提供日程については現在調整中であり、決定次第改めてお知らせいたします。

この件に関するお問い合わせは、担当者までご連絡ください。

〈問い合わせ先〉
担当者:村井 孝
    出町 亮介
E-mail: contact@tskcyber.com
プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000123368.html